金曜日臨時休診・完全予約制のお知らせ
 
スタッフ人員不足のため、下記の金曜日は終日休診となります。
 
10月1日
10月8日
10月15日
10月22日
10月29日
 
また、緊急性の高い患者様を除き
平日・土曜日ともに完全予約制とさせていただいております。
 
 
患者様にはご不便をおかけし申し訳ございませんが
何卒よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
  
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、現在通院中の患者様を対象にオンライン診療を開始いたしました。
上記アプリをダウンロードしていただき、ご登録くださいませ。
ご登録の際、下記再診コードの入力が必要となります。
 
 【再診コード】J4J7MNP9
 
下記動画にて詳しい登録方法をご覧いただけます。

 

 
産科分院開院いたしました
 
 

子宮頸がん検査で異常がでた方へ

 子宮頸がんの原因と成り立ち

 
検診などで子宮頸がん検査を受けたら、要精査で返事が届いて焦った方も多いと思います。実は、検査で異常がでてもほとんどの人は癌ではありません。
検査の意味する内容についてご説明いたします。
 
 

 
子宮頸がんの原因はHPVというウイルス感染です。このウイルスは性行為で感染するウイルスです。HPVに感染してもほとんどの女性は自然治癒します。
 
しかし、感染が慢性化してしまうと癌への道を歩み始めます。
 
すぐに癌になることはなく、まずは異形成という名前の病気になります。
 
進行度に応じ、軽度、中等度、高度と進んでいき、高度異形成から一歩進んでしまうと子宮頸がんになります。
 
残念ながら、HPV感染を治す薬はありません。
 
薬がないので、自分の免疫力にゆだねるしかありません。
 
自然に治るのを待つか、手術で切除してしまうかの2者択一が迫られます。
 
手術が必要かどうかの基準はガイドライン(医師の治療マニュアル)で明確に決められていますので、どこの病院でも同じような説明を受けると思います。
 
軽度異形成であれば定期検査で様子を見るだけです。高度異形成であれば手術。
 
中等度異形成は患者さんの状態によります。
 

検査結果の意味

 
NILM
陰性で異常なしという意味です。
 
 
ASCUS
軽度異形成に近いけど、そこまで達していない場合や、正常か異常かの判断がプロの検査技師でも微妙なケース。子宮頸がんの検査は細胞診検査といって、採取した細胞を検査技師さんが一つ一つ顕微鏡でチェックしていくという非常に原始的な方法で行われます。
 
細胞の形の見た目だけで判断しますので、プロの検査技師さんからみても決めかねるグレーゾーンが存在するのです。正常とは言い切れないグレーゾーンのときにASCUSの結果になります。
 
HPV検査を受ける必要があるので要受診とか要精査の結果が帰ってきます。
 
要精査の結果が帰ってきた人のほとんどがこのASCUSです。
 
 
LSIL
軽度異形成レベルの細胞がみつかったときにこの結果がでます。
精密検査を受ける必要があります。
 
 
HSIL
中等度異形成、高度異形成、あるいは0期の子宮頸がんが疑われるときにこの結果がでます。精密検査を受ける必要があります。
 
 
SCC
子宮頸がんそのものが疑われるときにこの結果がでます。急いで病院を受診してください。精密検査が必要です。
 
 
ASCーH
高度異形成なのか正常なのかどちらか判断が微妙なときにこの結果がでます。精密検査で白黒はっきりつける必要があります。
 
 
AGC
子宮頸がんの中でも腺細胞といわれる細胞の異常のときにこの結果がでます。正常な場合もありますが、子宮頸がんが隠れている場合もあります。精密検査が必要です。